読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の通信教育・学習教材

子供の成績を上げるための通信教育や学習教材です

テストで高得点を取るために必要な勉強のやり方

テストで高得点を取るために必要な勉強のやり方

 

学校のテストでなかなか良い点数を取れないという子供の場合、毎日の勉強のやり方に問題があることが多いです。もしかしたら、うちの子は生まれつき頭が悪いなんて諦めてしまっているかもしれませんが、ほんの少しの改善で子供の成績が良くなることもあります。

普段正しく勉強をしていない子供がテストだけ良い点数を取ってくるということは普通は考えられません。でも、あまり慌てることはないです。しっかりと意識をしながら子供の勉強のやり方を改善していくことが大切です。

ずっとテストで悪い点数ばかりを取っていた子供が勉強のやり方を変えてみたら急に高得点を取ってしまったということもよくあります。一度良い点数を取ることが出来れば子供は自信がついてくると思います。

 

 

 まずは、いつも悪い点数を取ってくる子供の場合、本当に毎日勉強をしているでしょうか??そもそもテストを受けるまでに全く準備が整っていないのであれば、ある意味悪い点を取るのは当たり前とも考えられますよね。

では、テストで高得点を取るために必要な勉強のやり方を考えてみましょう。

 

・予習と復習を繰り返すこと

凄く当たり前のことのように感じるかもしれませんが、予習と復習は勉強の基本です。当たり前すぎるといってもきちんとできていない子供は多いはずです。

テストで良い点を取りたいのであれば、この予習と復習を毎日するようにするだけでかなり効果があると思います。実際にやってみると全科目をこなすのはかなり大変です。

なので、毎日継続してできる子供はそれほど多くはないでしょうし、逆を言えば、これができるようになったらテストなんてあまり恐れるものでもないでしょう。

なかには、復習だけで十分じゃないの?という意見もあるとは思いますが、私は予習も大切だと思っています。

それは、予習→授業→復習と何度も同じところを勉強することになるので、子供も覚えることが出来るからです。

今テストの成績が悪いというのであれば、頑張って少し先のことを予習してみるといいですよ。

 

・基本な事を徹底的に勉強する

毎日の勉強をするうえで基本をもっと大事にするようにするといいです。よく理解もしていないのに、いきなり問題を解いてみたりする子供がいますが、まずは今勉強している内容のポイントを理解することが先です。

ほとんど知識が曖昧な状態で問題ばかり解いても本人も適当に解くだけになってしまいます。もちろん最初から問題が全て答えられることはないにしても、もう少し時間をかけて基本を学ぶようにするべきでしょう。

勉強ができる子供はいつも難しい問題を解いていると思うかもしれませんが、決してそんなことはないはずです。基本的な事を誰よりもよく理解をしているはずです。

これはテストでも同じことが言えると思います。テストでは、基本的な出題もあればちょっと難しい出題もあるはずです。

勉強ができる子供は基本的な出題をしっかりと正解してきます。そのうえで難しい問題も一部出来るということが多いはずです。

なので、まずはテストでできなければいけない基本的な出題を正解することを目指してみるといいでしょう。

 

・分からないことがあれば先生や友達に早めに聞くようにする

出来そうでできない子供が多いはずです。苦手な科目などで分からないことは誰にだってあるはずです。大切な事はそれをいかに早く分かるようにできるかということです。

聞く相手は先生であってもいいですし、友達であってもいいと思います。塾に通っている子供であれば、塾の先生に聞いてみるというのもいいでしょう。もちろん親に聞くのもOKです。

分からないことは何日もそのままにしておいてはいけません。出来るだけその日のうちに解消するようにしましょう。

自分でも聞こうとしていたことを忘れてしまうでしょうし、分からないことが増えていってしまうからです。

 

・毎日コツコツと勉強を続けること

勉強は毎日続けることが大切です。勉強する人しない日が明確になってしまうのはよくありません。今日は友達といっぱい遊んだから勉強は明日にしようというのが一番よくありません。

今日も勉強をしなければいけないことを子供が自覚をしていれば、そのことを踏まえて遊びに行くようにするべきなのです。勉強のことなんか忘れてしまって、目いっぱい遊び過ぎて、もうくたくたで寝るだけというのは少し自覚が足りませんよね。

明日頑張るというのは言い訳に使う言葉だと思います。今日やらなければならないことは今日のうちに終わらせるのが鉄則です。

なので、どんなに疲れていても必ず机に向き合って勉強をするという心構えを身に付けるといいでしょう。

 

・テスト前には計画的に準備をしておくこと

テスト前には数日前から計画的に試験範囲の勉強をすることが必須です。テストがあるから憂鬱だなんて悩んでいる時間があるのであれば、早く勉強を始めてしまう方がいいです。

テストの前日になって全く準備していないと焦って一夜漬けを繰り返しているだけでは成長がありませんよね。もう少し早い段階から計画的に勉強を進めていかなければならいのです。

これは、意識の持ち方の問題と言えるかもしれません。ちゃんと準備をしてしっかりとテストを受けるつもりがあるのであれば、もっと早くから何とかしようとするはずです。

でも、テスト受けるのが嫌だという気持ちばかりで、何とか無事に終わってくれればと思うだけであれば準備なんてしていないようなものです。

試験前日にいやいや少し目を通すだけではどう考えても良い点数なんて取れるわけはないのです。

 

いかがでしたか!?あまりテストで良い点数を取っていない子供には当てはまる子がいくつかあるはずです。テストで高得点を取ることは特殊な勉強をするわけではありません。

とても当たり前のことをしていれば誰もが取れるはずなのですが、その当たり前のことを継続することほど難しいものはありませんね。