読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の通信教育・学習教材

子供の成績を上げるための通信教育や学習教材です

やっと学校のテストで平均点を取れた勉強法

勉強方法

やっと学校のテストで平均を取れた勉強法とは!?

いつも学校のテストでびりの方の成績しか取れないで困っていると、何とかしてこのままではいけないと思って子供の勉強に本気で向き合うこともありますよね。なかなかテストで良い点数を取ることが出来ない子供の場合は、なにかしら問題があるはずです。

なので、これまでと同じような生活を続けているだけではなかなか急に成績が上がることは難しいはずです。しかも子供にしっかり勉強をしなさいと怒るだけでもだめなことが多いので、親子でじっくりと考えてみることがとても重要になるのです。

ただ、そうは言ってもいったいどうすれば子供の成績がよくなるのかがよく分からないというご家庭も多いでしょう。みんなどんな勉強方法をしていい点数を取っているのだろうか?と悩んでいる方も多いと思いますので、勉強法を考えてみたいと思います。

 子供任せで勉強をしているだけでいつも悪い点数を取って来てしまうというのであれば、親子で一緒になって勉強法を改善していくことが大切になってきます。

もちろん、どんな勉強のやり方が子供に向いているかなんて予想は難しいため、いろいろな方法を試行錯誤していくことが現実的と思います。

 

・塾に通うことで平均点以上を取れるようになったケース

子供一人ではなかなか勉強のやり方が分からなかったり、親も忙しくてとても子供の勉強を見てあげることが出来ないとなると、塾に通うということが頭に浮かぶと思います。近所にも探せば塾が見つかることが多いはずです。

ただ、塾といってもいろいろなケースがあります。受験を意識している大手の進学塾から、日々の学習の補強を主眼とした個別指導塾などもあります。

大手の進学塾ですと、学校の授業の様に講師の先生のレッスンを大勢の子供たちで受講するというケースが一般的です。主に塾であらかじめ決められたスケジュールやテキストを用いて勉強をしていくことになるでしょう。

大手進学塾ですと、スケジュールは決められていますので、苦手な科目などでレッスンのペースについていけないなどの不安材料が付き物です。

一方、個別指導の塾ですと、基本的には子供一人一人の学習進度に応じて柔軟に対応してくれます。教材に関しては塾で用意されたものを使用するケースから学校の教科書や市販の問題集を活用するケースまで様々でしょう。

苦手な科目や分からないところを優先的に習うという利用方法が一般的だと思います。

このように塾といっても様々ですので、どのタイプの塾に通うのかは判断が必要です。ただ、一般的にテストで悪い点数を取ってしまう子供の成績を平均点以上を目指すというのであれば、個別指導タイプの方が向いているかもしれませんね。

 

・朝型学習に変えることで集中力をアップさせたケース

勉強は家に帰ってきてから寝るまでの間にするものと思っていませんか??一般的に子供が勉強をするということこのような勉強のやり方をイメージされる方が多いと思います。

ただ、人間の脳のことを考えると夜よりも朝の方が効率的な勉強ができるかもしれません。というのも、朝の方が集中力や記憶力などの面で勉強に向いているという見解もあるからです。

もちろん向き不向きはあるとは思いますが、夜寝る前の勉強ですと子供は1日の疲れでダラダラと勉強をしてしまうことも多いはずです。部活などをしている子供であれば、かなり疲労感たっぷりということもあるでしょう。

このような頭が冴えていない状況ですと考えることや覚えることも半減している状態で勉強をしているかもしれません。

同じ時間を勉強するのであれば、頭がすっきりとしている時の方が効率がいいはずなのです。その点、朝型学習であれば十分に睡眠をとった後ですので勉強の効率も上がるはずなのです。

また終わりの時間が決まっているので、集中して勉強できるというメリットもあるでしょう。

 

・超基本的な問題を何度も繰り返し解く

あまりにも子供がテストで悪い点数を取るということは、基本中の基本となることを理解できていない可能性が高いです。基本さえ抑えることが出来れば、少なくても平均点くらいは取れるはずです。

でも、テストの点数が悪いとあれもこれもやらないとみんなに追いつくことが出来ないと思ってしまいがちです。たしかに試験範囲の全てを完璧にこなしていこうと思うとやらなければならないことがたくさんになってしまいますよね。

でも、ここまで悪い点数を取っている子供に急に完璧な学習をさせることは厳しいでしょう。まずは、平均点くらいを目指していくということが必要です。少しずつ目標を高く設定しながら時間をかけて成績アップを目指すべきなのです。

なので、まず最初にするべきことは基本的な事を理解するということです。これに専念していくのがおすすめです。そのためには、超基本的な問題を何度も繰り返すことが一番です。子供が当たり前と感じるくらいに繰り返すことがいいでしょう。

野球選手が素振りを何度も繰り返すのと同じと考えてください。基本んがあやふやなうちにいきなり応用へ進んでもあまり効果はないはずです。

 

・とにかく苦手な科目を優先して勉強時間を割くこと

子供は得意な科目ばかりをやりたがります。苦手な科目はビックリするくらい勉強をしようとしないものです。よくよく考えてみると、こんなに勉強していないのだからこんな低い点数を取るのも納得できると感じることもあるのです。

冷静に子供の勉強時間や学習している内容を見てみると多くの場合、テストの点数と比例しているものです。すごく毎日頑張っている科目がビックリするほど点数が低いということは稀です。

なので、点数が悪いというのはその程度の勉強しかしていない可能性が高いと考えるべきでしょう。

なので子供が最も苦手とする科目を優先して勉強するようにするべきなのです。このような科目はこれまでほとんど勉強をしていないことが多いので、勉強時間をしっかりと割くことで一気に成績が上がるということもあります。

子供にとってみても、一度良い点数を取るだけで急に苦手意識ななくなってしまうことは多いです。

 

子供がビリ争いをするほど悪い成績を取っているのであれば、親も一緒になって改善をしなければならないです。早く何とかしてあげないと子供も自信を無くしてしまいます。まずは平均点を目指すように努力をしていきましょうね!