読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の通信教育・学習教材

子供の成績を上げるための通信教育や学習教材です

塾に通うだけでは成績が上がらない理由

塾に通うだけではなかなか思うように成績が上がらない理由とは!?

子供の成績を上げるために塾に通うことを選択する家庭も多いです。きっと塾に通えばメキメキと成績が上がってくると凄く気合をしてしまうものですよね。特に成績が良くない子供の親御さんにしてみると塾は魅力に感じるものでしょう。

たしかに勉強を自主的にしない子供を持つ親としては、何とかして勉強をする習慣をつけなければいけないけれど、いくら親が勉強をしなさいと叱ってもなかなか思うようにいかないことが多いので、これは塾に行くしかないと思うのでしょう。

でも、いざ塾に通ってみても、なかなか思うようにテストの成績が良くならないことが多いです。まあ結果ができてくるまでには多少時間がかかるのかな?と思ってしばらく様子を見ていてもなかなか点数が変わることがないことも多いでしょう。

 塾に行けばきっと劇的に成績が上がると信じていたのに、どうしてうちの子は成績が上がらないの??って不思議に思うかもしれませんが、実はこのように塾に通っても全然成績の上がらないことって多いものなのです。

では、どうして塾に通うだけでは成績が上がらないのでしょうか??

 

・そもそも子供がやる気を出さなければほとんど意味がありません!

塾に行きたいというのは誰が言い出したことでしょうか?子供自身が本当に勉強をやりたくて塾に行きたいと言ったのであれば、何も親は止める理由はないでしょう。子供が勉強に前向きになっているのですから、きっと塾でも熱心に勉強をしてくれる可能性が高いですよね。

でも、一方でなかなか勉強をしたがらない子供に無理やり塾に行かせるようなケースですと、子供はただ嫌々塾に通っているだけになっているかもしれません。

このような状況ですと、塾で教えてもらっている最中も勉強に身が入っていないかもしれません。学校の授業と同じようにつまらないなと感じながら時間を過ごしているようであれば、全く中身のない勉強時間を繰り返しているだけになってしまうのです。

勉強は子供自身の気持ちが切り替わらない限りはそう簡単には成果が出ないはずです。なので、塾に行けばすぐにでも成績が上がると思っているのであれば、それは勘違いである可能性があるのです。

 

・しっかりと予習や復習をしなければほとんど効果はありません!

もしかしたら、子供自身も塾に行っているから勉強は十分すぎるくらいに頑張っていると思い込んでいるかもしれません。たしかに塾に行けば勉強時間は確保されます。これまであまり家でも勉強をしなかった子供であれば、随分と勉強をしていると思うかもしれませんね。

でも、実は塾に行くだけで塾で習ったことを家で復習をしたり、次のレッスンまでに出された宿題をしっかりとやったりということをすることが大切なのです。塾で教えてもらったことはそれっきりでもうその後も見ないというのであれば、あまり状況は良くないです。

これは学校の授業で習っていることをしっかりと予習や復習をしないと学力が伴わないことと同じことです。せっかく塾に通っているのですから家での勉強を通じて確実に知識を定着させていかないと結局はただ一度聞いただけに終わってしまうのです。

塾に通っても全然成績が上がらないという子供の場合、塾に行くだけで満足をしてしまい、それ以外の時間にほとんど勉強をしないということがあります。

 

・学校の勉強と塾の勉強とでこなしていけないほどの量になってしまっている

もともと学校の授業について行けていない子供が急に塾に行くことによって今度は塾でも宿題が出たり、テストがあったりするようになります。子供の立場になってみるとやらなければいけないことが増えたということになるのです。

塾に通う頻度にもよりますが、週に何日も塾通いをする子供ですと、塾の往復が忙しくて、なかなか家で学校の宿題もやって、それでいて塾の復習や宿題もこなしていくのが大変すぎてやりきれないということもあります。

これですと、塾に通うことでかえってすべての勉強が中途半端になってしまい、習ったことすべてが消化不良を起こしている状態になってしまうのです。せっかくたくさん頑張っているのにちょっぴりもったいないですよね。

このようなケースでは大抵塾の授業の回数が多すぎることが原因となっています。

塾はあくまでも勉強のペースメーカーとして考えるべきです。たくさん塾に通えばそれだけ成績が上がるというのは親の妄想であるかもしれません。子供がこなせる範囲内で適度な量のレッスンを受講するべきでしょう。

 

・友達と遊ぶことを楽しみにして塾に行っているのであれば期待薄です

回りの友達がたくさん塾に通いだしていることで子供は自分も塾に通いたいと言い出すこともあります。この場合、特に勉強をしたくて塾に行きたいというよりも、仲良しの友達と同じ環境にいたくて塾に行くことを希望しているかもしれません。

もちろん、仲良しの友達と一緒に塾に通うことになるのですから、勉強よりも友達と一緒に遊び感覚で塾に行くくらいにしか思っていないかもしれません。

このような状態であれば、当然勉強を頑張るというようなレベルではありませんよね。勉強を目的に通うようにならないとなかなか勉強をできるようにはならないものです。