読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の通信教育・学習教材

子供の成績を上げるための通信教育や学習教材です

家庭教師を受けるメリットとデメリット

家庭教師

家庭教師を受けるメリットとデメリットとは一体何なのか!?

子供の成績をもっと安定させたいとか、もしくはクラスでも上位に行けるようにしたいと思う時に、頭に浮かんでくるのが家庭教師をお願いするかどうかということでしょう。塾という選択肢がある中で家庭教師を考える家庭も多いものです。

でも、家庭教師を選ぶ理由とはいったい何が考えられるのでしょうか?その前に、子供の勉強として考えられる選択肢を整理してみると、1.通信教育や学習教材、2.塾に通う、3.家庭教師にお願いする、4.親が勉強を教えるというのがあるでしょう。

このような選択肢がある以上は、それぞれの特徴などをしっかりと整理して把握しておくことが大切になってくるはずです。そのうえで、ご自身のお子様のペースや生活環境なども考えて、一番良いと思うものを選んでいくことになるでしょう。

 家庭教師というと、先生が自宅に訪ねてくるというものを想像するかもしれませんが、いまではインターネットの家庭教師というスタイルもあります。パソコンがあれば子供が一人で学習を進めることもできますので、その点にも選択肢が分かれてきます。

・家庭教師のメリット

 

まずは、家庭教師をお願いするメリットを考えてみましょう。これは、塾にも当てはまることなのでしょうが、先生が子供に直接勉強を教えてくれるという特徴があります。(家庭訪問型の家庭教師のケース)学習教材や通信教育は基本的に子供に自主性が強いことで継続していくのでしょうが、タブレットなどを使うので誰かに勉強を教えてもらうわけではないのです。

もちろん、親が勉強を教えるという方法もありますが、子供は親だとなかなか言うことを聞かなくて上手くいかないことも多いです。その点、塾や家庭教師だと血のつながりのない先生が教えてくれるので、子供も冷静に授業を受けることが出来ると思うのです。

そんな塾と家庭教師の違いですが、塾には通わなければいけない一方で、家庭教師は自宅に訪問してくれるという違いがあります。都心部で歩いてすぐの場所に塾があればいいのでしょうが、塾に通うのに移動が大変というケースでは、圧倒的に自宅に訪問してもらう方が便利でしょう。

さらに、家庭教師の場合には子供のペースに合わせて教えてもらうということが出来ます。通常は家庭教師の先生は子供の学習能力や家庭のニーズなどに合わせて個別のカリキュラムを組んでくれるからです。なので、苦手な科目を集中的に学習したいなんてときには家庭教師にお願いすることが一番便利だったりもするのです。

・家庭教師のデメリット

家庭教師の場合には先生が自宅に訪問して勉強を教えてくれます。有名な大学の学生さんがアルバイトとして講師をしていることが多いです。もちろんプロで職業として家庭教師をしている先生もいますが、そのような先生はほんの一部でしょう。

当然ですが、自宅にわざわざ訪問してもらって先生に勉強を教えてもらうわけですから、それ相応の費用がかかります。個別の指導ということもありますので、他の学習方法と比べるとどうしても高額になってしまうことが通常でしょう。

今ではかなり明瞭会計で、しかも1時間当たりの単価をかなり抑えた安さを全面に打ち出している業者さんも多くなりましたが、値段が安いだけでは困りますよね。肝心の子供の成績の方もしっかりと付いてくることが何よりも大切になってきます。

なかには、先生によって1時間当たりの単価が違うことがあります。そうなってくると、どの先生を選ぶのかということも難しくなってきますし、あまりにも費用の事ばかりを考えているとなかなか満足のいく十分なレッスンを受けられないかもしれません。

・家庭教師の先生との相性がとても重要になってくるでしょう

 

家庭教師の難しいところは個別指導であるということです。マンツーマンのレッスンということは、先生と子供の相性が非常に重要になってくるということなのです。いくら東大を出ている頭のいい先生であっても、子供との相性が悪いのであればあまりよいパフォーマンスを上げることが出来ないかもしれません。

むしろ、先生自体の学歴よりも教え方が子供に合っているかどうかが重要になってはずはずです。自分で勉強をするということと、誰かに勉強を教えるということは別物と考えておく方が無難でしょう。

なので、子供の担任の方を選ぶ際には学歴だけで選ぶべきではありません。どんな講師の先生であれば子供が効率的に成績を上げることが出来るのかをしっかりと見極めていくことを心がけるべきでしょう。

・メリハリの利いた家庭教師の活用を心がける!

多くの場合には、家庭教師の先生には毎週の〇曜日に来てもらうというようなスケジュールを組んでいるでしょう。週に1~2回程度の決まった曜日に自宅を訪問してもらうというのが一般的なはずです。

このような同じようなリズムを刻んで学習を進めるというのは、子供にとっても勉強のリズムやペースをつかみやすいのでメリットは大きいものです。日頃の勉強はできるだけこのように一定のリズムで進めるというのはおすすめです。

ただし、夏休みや冬休みなどの長期休暇、さらには受験の直前期となれば、短期集中で授業のレッスンを増やしてみるというのもおすすめです。

一気に勉強を仕上げたい時には、短期集中でレッスンを増やすことで効率的に成績を上げることもできるからです。