読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の通信教育・学習教材

子供の成績を上げるための通信教育や学習教材です

子供が勉強嫌いだと決めつけてしまうのは早い!?

子供が勉強嫌いだと決めつけていませんか!?

 

いくら子供に勉強をしなさいと言っても全然親の言うことを聞こうともしないし、中学生くらいにもなってくると反抗期も始まってしまうこともあるので、ますます親が言うことを受け入れないなんてことも多くなってしまいます。

もちろん、そんなに親の言うことを聞かない子供でもキッチリと学校での試験で良い点数を取って帰ってくれればいいのでしょうが、全然成績も振るわないということになってしまうとこの子は根っから勉強嫌いだと思い込んでしまうこともあるでしょう。

勉強が大嫌いな子供で、しかも親の言うことも聞かないからどうしようもないと思う気持ちも理解できますが、あまり親の方から決めつけてしまうのはおすすめできません。というのも、子供が勉強嫌いかどうかは紙一重だからです。

 子供の場合、大好きなことには無意識のうちに自信を持つことが出来るので夢中になって頑張るため、どんどん成長をしていくことが多いですし、少々の困難なことだって乗り越えてしまうこともできてしまいます。

でも、一方であまり興味を感じられないことですと、ビックリするぐらい何もしようとしないものですし、努力もしないわけですからますます成績も振るわないという結果になりやすいものです。

このように、子供は好き→ますます頑張る→いい結果が出る→もっと好きになる というような好循環になりやすいのですが、逆のケースでは、子供は嫌い→全然頑張らない→全くいい結果が出ない→ますます好きでなくなる といった悪循環に陥ってしまいます。

でも、この循環を変えてあげることが出来れば、一気に状況が変わっていくということもあるわけですので、じっくりと子供と向き合っていくことが大切になってきます。

 

・一度でもよい点数をとれれば子供の意識が変わるきっかけになる!

 

もっとも理想なのは、一度嫌いな勉強で良い点数をとるということです。そうすることでこれまでの悪循環から好循環へと一気に変えることが出来る可能性が高まります。

ただ、まぐれだけでちょっとばかしいい点数をとってもあまり効果は少ないかもしれません。というのは、子供は全然理解をしていないのに点数だけが良いということになりますので、これから勉強を頑張ろうというモチベーションにはなりにくいからです。

できることであれば、試験の範囲の内容をしっかりと理解できたうえで点数も上がったというのがベストです。これは中身も伴った成績を取れるようになれたということです。

でも、そのためにはそれなりの中身の濃い勉強方法に切り替えていくことが必要になってきます。これまでと同じような勉強方法では急に理解が出来るようになるなんてことは期待しにくいでしょう。

 

・勉強の環境を変えてみることがきっかけになりやすい!

 

勉強のやり方は一人一人違うでしょう。そもそも毎日の勉強時間だって子供によってまちまちのはずです。1日3時間くらいは勉強するという子供もいれば、勉強する日もあればしない日もあるという子供もいるでしょう。

ただ勉強時間を増やすことばかりに気を取られがちでしょうが、決してそんなこともありません。勉強時間が全てではないのです。むしろ同じ勉強時間でもいかに内容を充実させるのかを考えるべきなのです。

でも、子供だけに勉強をまかせっきりですと勉強の質を大きく変えることは難しいでしょう。かといって、親の言うことを聞こうとしないというのであれば、なにかを言ったところで子供の勉強が変わりません。

では、どうするか?そんな時には、勉強の環境を変えるということです。学習教材や通信教育を利用してみるというのもいいでしょうし、家庭教師を利用してみるというのもいいでしょう。

そんなことで成績が上がるの?って思うかもしれませんが、悪循環から好循環へと切り替えるというしっかりとした目的意識をもっていれば、やってみる価値は十分にあると思いますよ!

 

・勉強が好きか嫌いかは子供が意識をすることなのです!

 

子供に勉強を好きになってほしいというのは親としての当然の心理でしょう。子供の成績が上がって喜ばない親はいないはずです。でも、子供は一人の人格者だということをいつも念頭に置いていく必要があります。

というのも、いくら親が一生懸命になったところで子供に変わってテストを受けるわけにもいきません。子供がいかに勉強を好きなるように導いてあげるのかということを考えていくべきなのです。

親としてできることは、子供に勉強をしなさいと叱ってばかりではダメでしょう。これでは、かえって子供の勉強嫌いに拍車をかけてしまうかもしれません。むしろ、子供が勉強好きになってくれるような工夫をしてあげる方が効果的だと思います。

繰り返しますが、子供が勉強好きになるか勉強嫌いになるかは紙一重だと思います。ほんのちょっとしたことがきっかけで、グングンと成績を伸ばす子供も多くいます。

いろいろと試しながら、上手に子供と向き合っていきたいですね!